2009年09月06日

ベイグラントストーリーの面白さ

ベイグラントストーリーの最初にゴーストと戦うところで一回つまったのは一生の思い出です(挨拶)

このゲーム面白いなって思ったのは、前も書いたけどそのあとのリザードマン戦。
有効な武器を持ってなくて全然ダメージを与えられなくて、これは勝てない戦闘なんじゃないか…?とか思って一瞬あきらめかけたものの、狭い部屋の中を逃げ続けながら魔法で回復&ちまちまと攻撃(一桁ダメージ)を繰り返して勝った時の達成感! なんかもう全然正攻法ではないんだけど、勝てそうにない相手でも努力すれば勝てるゲームだ、ってのをそこで理解してそこから面白くなった。

実はベイグラントストーリーのシステム、面白いんだけどちょっと、すごく細かいとこつっこんでいくとそんなに綺麗なシステムではなくて、つぎはぎっぽいとこもある。かといって「色々システム用意したからあとは好きに遊んでね」っていうのを目指したようにも思えないんだけど…思えないんだけど、結果的には案外、いろんな遊びができるゲームになってる感じ。正攻法じゃない方法で敵を倒せたり笑
そういうゲームが好きだったりします。
posted by 広川なつき at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スクウェア・エニックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31912278

この記事へのトラックバック