2018年10月24日

マニヤン先生とRPGツクール

サイトにプレイ日記を置いてる『ナイトブレイカー』というゲームは、友達のマニヤン先生がRPGツクール4で作ったゲーム。
RPGツクール4でゲームを作ったという話を誰かにすると、知ってる人はほとんど「あのバグだらけのゲームで!?」というリアクションをしてくるのだよね。それどころか、知らない人ですらRPGツクール4の噂を聞いてか同じリアクションをとる気がする……
確かにバクがひどいソフトではあるし、仕様と思われる部分もかなり欠点が多くはある。けど、RPGツクール4でもすごく心に残るような大作RPGを作れたということを知ってほしくもあるなあっていつも思う。
もともと僕が先にRPGツクール4をプレイしていて、その話をしたらマニヤン先生もやる気を出して作ってくれたという経緯があって。僕自身が作ったゲームも、本当に自分の中で大切なものになるくらい気持ちを込めて作ってた。

それはともかくマニヤン先生とは毎日のように制作状況を報告しつつ作っていたんだけど、あまりバグの話はしなかったような記憶がある……曖昧だけど。仕様のダメな部分の話はしただろうなあ。
もしかしたら『ナイトブレイカー』が完成するくらいの頃だったかもだけど、バグの話をなんとなくマニヤン先生にした記憶はある。そのときマニヤン先生は「そんなバグあるかな?」くらいの感じで。あとで確認したら、なんとマニヤン先生が持っているRPGツクール4のソフトはバクが修正されたバージョンのものだったらしい! いまこれだけRPGツクール4といえばバグがあるソフト、と言われていることを考えるとレアなのかもしれない……マニヤン先生の持ってるソフトでプレイすれば、僕が作ったゲームも人が消えたりしない……すごい……
逆にうちにあるRPGツクール4はバグがひどかった。人も文字もどんどん消えていくし、他の人のソフトもそうだったかもしれないけど、「イフリート」の顔グラフィックだけが会話中に表示されないという地味なバグがあって、メインキャラのグラフィックに使っていたからかなり不自然だった……でも我慢して作ったよ。

しかしマニヤン先生の持ってるソフトではバクが起こらないから、じゃあマニヤン先生は普通にゲームが作れたんだね!と言えるかというとそうではないはず。結局バグ以上に仕様が不親切な部分が多いのがこのゲームなので、色々と厳しかったとは思う。
それでも僕がRPGツクール4が好きだったのは、グラフィックとかBGMから思い浮かぶ世界観のイメージがとても広くて、その中に自分の想像をかなり自由に散らばらせることができたから。たぶん、もともと自分の中にあったストーリーをゲームにしたとはいえ、RPGツクール4で作らなければ生まれなかったイメージもあった気がする。それでいて、もともと考えていた世界を満足できる形でゲームにできたし。

あとは余談だけど、てかところでなんだけど、みんな家庭用ゲーム機のRPGツクールでゲーム完成させたことってあるのかな。
もともと僕のほうがマニヤン先生より先にRPGツクール4をやっていたと言ったけど、実はマニヤン先生はRPGツクール2でもゲームを完成させたことがあるらしい……しかも何本も。その後しばらくRPGツクールはやっていなかったけど、僕の話を聞いて再燃したという。そしてRPGツクール4でも2本完成させていたマニヤン先生。
僕もスーパーファミコンでRPGツクールをやったことはあるけど、ちゃんと完成されたことはなかったから、さすがマニヤン先生という感じ。
今はパソコンでRPGツクールをやっているけど、PC版だと他の人の完成品がいくらでもネットで見れるから、なんとなくこのくらいやればいいという目標が見える気がするんだよね。ただ、マニヤン先生の場合はそういうのを見ないで、マイペースで作るのが強いのかも!というのは最近思う。
マニヤン先生も今はある程度目標を持ってゲームを作っているみたいだけど、スーパーファミコンで完成させることができたという強さをまた見たいなあ。何にしても、あのときRPGツクール4の話をしていなかったらいまマニヤン先生がゲームを作っているかどうかも分からないから、なんだか良い縁だったなあという気持ち。
posted by 広川なつき at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | RPGツクール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184762973

この記事へのトラックバック