2020年05月26日

FF7 REMAKE 感想日記 CHAPTER 4

■CHAPTER 4

アバランチの仲間に入らないクラウド。宴会が始まると気まずすぎる。でもクラウド以外のアバランチのメンバーの仲良さそうな感じは良い。みんなの声色の感じが良いよね。
原作にあった地下のアジトにクラウドが入る機会は無いのだろうか……

完全に原作に無い展開のチャプター4。

明日が作戦なのにそんな暇あるのか!? 昼間のイベントだけでも盛りだくさんだったのに……

電車に乗らずに螺旋トンネルを進んで上層に行こうと思えば行けるという衝撃の事実。豪快すぎる。

敵ソルジャー、ローチェが登場。
原作ではキャラクターとして名前のあるソルジャーが主人公とその周辺にしかいなかったので、いかにも最低限の登場人物という感じだったよね。主人公にとっては憧れの存在だったはずのソルジャーなのに、ほぼモブの敵キャラとしてしか出てこない。
なので、まあそれはそれで神羅の兵士は基本的に無個性なのだなあという印象で、それもまた味のある世界観……と思ってたので、こんな個性的な敵キャラが出てくると逆に違和感がある! でも無個性ばかりじゃないのだな、、、と安心感もある。全体的に、当時の3Dのアングラ感で冷たい印象があった原作に比べると温かい世界だよね……そればっかり言ってるね……
原作では雑魚キャラばっかりだったソルジャーと違って、ちゃんとソルジャーとしての強さを持ったキャラがこうして出てくると、やっぱりちゃんとFF7という世界が作られてるなあと思う。

原作にも登場する八番街とはまた違う雰囲気の七番街居住区。ちゃんと富裕層的な雰囲気があって良いね。八番街のあの雰囲気だけだと、上層は本当に恵まれた生活をしているのかピンとこないのでね。

ジェシーのキャラが掘り下げられてる。ゴールドソーサーとか、原作にもある単語が登場するので話が飲み込みやすい
二次創作小説書いてたのを思い出す……僕が書いていた二次創作小説でも、原作にある単語をどうにか使って世界を広げられないか工夫していたのでそれを思い出してしまった。

ここでニブルヘイムの回想。
原作での、子供の頃のティファはモテるからクラウドにはあんまり興味無さそう、という感じも面白かったけど、リメイク版ではわりと最初から良い雰囲気。台詞自体はほとんど変わりないのになんか印象が違うね。

ジェシーの父親の設定も、なるほどって感じだよね……

上層から下層に帰る方法。原作の断片的な情報から、ミッドガルの構造ってこんな感じ?と想像してたので、実際こうして具体的な構造が見えるシーンがあると感慨深い。

この章の終わり部分のさわやかな雰囲気なに……FF7じゃないみたいな。でも笑える。
原作のこの後を思い出すとつらいよね〜でも別れのシーンも普通に物語として好きなシーンでもあるから(結局あんまり交流できなかったな、的な寂しさも含めて)、楽しみではあるのだよね。
posted by 広川なつき at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ記録