2019年05月16日

FF14 プレイ日記 8日目

親書を届ける為に三国を巡った前回。
今回はグリダニア国の組織「双蛇党」から直々に依頼を受けて、再び海の都市リムサ・ロミンサへ向かいます。

0423_01.jpg
来る度に港を眺めていたけど、初めて船に乗るのでワクワクしますね。向こうに見える建物はなんでしょうね。
向かう先は、リムサ・ロミンサの冒険者ギルドで受けた依頼の目的地。サスタシャ侵食洞という洞窟を調査してほしいということなのでそこを目指します。調査する理由は忘れました。何か怪しい人物が出入りしている?みたいな話だったような気がしますが、とにかく行けと言われた場所に行きます。

まずはエールポートという港が新たな拠点になっているので、そこで色々とサブクエストをこなしたりします。
色々と調べていると、どうやら近くにFFでおなじみの「初心者の館」があるらしいので行ってみることに。ここはパーティを組んでの戦い方を学ぶことができるという場所。いちおうこれオンラインゲームだけどずっとほぼ一人で戦っていたので、学ばせていただきたいところ。

初心者の館では、職業の役割に応じた専門の教官について戦い方を学びます。課題をクリアするとなんと装備品までもらえるという謎のサービスの良さ。初めて見た目と性能を兼ね備えたまともな装備をもらえた気がする……

0423_02.jpg
卒業記念に、もらった服を着て教官と記念撮影です。イケメンな上に撮影にも応じてくれるなんて素晴らしい教官ですね。
装備品はスカートももらったけど脚を出したくないので使いません。
ちなみにFF14には、装備の性能はそのままで見た目だけ変えることができるアイテムがあるのですが、それはあまり使いたくないなー…と思う。装備の性能と見た目をなんとか両立させようと頑張るのも楽しいので。

0423_03.jpg
戦い方を学んで気合が入ってます。

サスタシャ侵食洞はこのゲーム始まって初のダンジョン攻略です。FF14ではダンジョンはパーティーを組んで複数人で攻略していくらしい。さっそく学んだことが役に立つわけですね。
一緒に遊ぶ友達がいないので、その場で知らない人とマッチングするシステムを使ってダンジョンを攻略していきます。
当然攻略中はスクリーンショットを撮る暇が無いので写真はありません。

そしてボス戦。初のパーティー戦で蛮族であるサハギン族を撃破。
ベテランのプレイヤーさんに助けてもらった感じはあるものの、なんだか一歩成長したような気分になりますね!
0423_04.jpg
やっていくぞー

せっかく新しいエリアに来たので、ダンジョン攻略後も引き続きエールポート周辺を冒険していきます。
ここはサハギン族の領地が近くにあり、人間の土地に攻め入られないよう砦に詰めている部隊のみなさんも大変そうです。
0423_07.jpg
そんな作戦会議に参加するRennetteさん。と見せかけて加わっているフリをしているだけ。しかもレベルが低いので全然サハギン族の軍隊とは戦えません。そのわりに偉そう。

さらにこの近辺では魔獣たちが縄張り争いをしているようなのですが、その中に外来種の魔物であるクァールがいて暴れまわっているらしい。調査していくと、海賊たちが戦力にするために密輸したものの、繁殖に失敗して猟犬をけしかけたという……またややこしい事情のサブクエストだな!
0423_06.jpg
結局、猟犬と人間たちとの戦いで力尽きてしまったかわいそうなクァールを弔うRennetteさん。
そんなこんなで残された猟犬の子供とクァールの子供を保護することに。

0423_08.jpg
犬に懐かれたので今後の冒険に連れて行きます。

0423_05.jpg
次回はまた船に乗って他の国の冒険へ! 冒険の舞台が広がって楽しくなってきました!

(Rennette Maroux 格闘士Lv30 メインクエストLv15まで)
posted by 広川なつき at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ記録